迷ったらライブチャットを選びましょう

こんばんは。

Kです。

 

何日か前に、知り合いの女性にライブチャットの紹介をしました。仕事の紹介をしたというよりは、僕がこんなことをやっていますという話をしたんですね。

そうしたら、思いのほか食いつきがよくて、こっちが驚きました。

 

実は僕は自分の知り合いや利害関係者にも、このライブチャットのことは方々で話をしています。

以前からしていましたが、今もやっぱりしますね。そして年々、反応が変わってきています。理解する反応を示してくれる人が単純に増えているんです。

本当はやっている自分たちの方が勝手に後ろめたさのようなものを感じているだけだったりするのかもしれません。

 

そのくらい興味津々で聞いてきますし、ビジネスモデルの話をすると一様に驚かれるんです。

 

本当にこれ以上に優れたビジネスモデルがなかなか見つからないんですよね。

ここでいうビジネスモデルというのは、仕事でお金を得る仕組みのことです。

ほとんど何も資源を持っていない状態の女性が、やれば最初から成果を出せる仕事はなかなか見つかりません。

このことの凄まじさを、体感的にはっきりと理解できている人は、現役のチャットモデルでもそれほど多くはいないと思います。

 

在宅でやる場合はさらにイメージしやすいです。

在宅でパソコン一つでできる仕事というのは、世の中にたくさんあります。頑張れば相応のお金にできる仕事もちゃんとあります。しかしそれは誰にでもできるものかというと、そうじゃないんですよね。

そのほとんどは、商売センスを問われるものです。

商売のセンスがなければ、意味の分からない作業を延々とするだけの徒労になってしまいます。

 

ライブチャットは、始めたその日から成果を上げられます。

これ以上にインパクトのあるメリットはなかなか見つかりません。特に訓練が必要なわけでもなく、よく分からない状態で始めても割と何とかなってしまう人もいますね(笑)

「ただ話をするだけの仕事」

これはどのようにも取れてしまいますが、いい意味で言えば、本当にただ話をするだけの仕事です。話さえできればそれがお金になるわけです。

話をしてどれだけ楽しい時間を提供できるかというところにポイントがあるんですが、それは最初は全く知らなくてもどうにかなります。やっていくうちに体感的に身につくものとも言えます。

 

もう、自分ではあまり理解できない変な仕事をするくらいなら、まずライブチャットをやってほしいんですよね。

本当にこれ以上にシンプルでかつ優れたモデルはなかなか見つからないんです。

ライブチャットでうまくやれない人は、他の仕事をしても多分うまくいきません。

と言い切ってしまってもいいくらいに、強く推します。ただの時間労働の方が向いている人というのは確かにいるので、そういう人はライブチャットをやってもうまくはいかないでしょう。

 

ちなみにライブチャットというのは一攫千金を狙える博打性のある商売ではありません。

生活苦などの窮地にある女性が、何か一発当てて形勢逆転したいという場合には向かない仕事だということです。

ライブチャットは想像以上に堅実なビジネスモデルです。

実績を積み上げてきた女性の毎月の安心感は、半端じゃないんですよね。

僕はライブチャットの仕事をしている女性には、早くこの実感を得てもらいたいと思っています。

 

博打性はないけれども大きなお金を稼げるようになる、何とも恐ろしい仕事です。

 

何をしたらいいか分からないという場合は、ライブチャットの仕事をやってみたらいいと思うんです。

ライブチャットでうまくやれない人は他の仕事をしても成果が出ないと言いましたが、これは逆も言えます。

ライブチャットでうまくやれるようになった人は、他の仕事をしても成果が出るようになるんです。

それは、ライブチャットが始めやすく成果を出しやすい仕事でありながら、どこまでも無限の工夫を求められるからです。

 

こんな面白い仕事は、他にありません(^^)

転職・キャリア
大人の生活ブログ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (1)
    • あい
    • 2022年 1月 15日

    >ほとんど何も資源を持っていない状態の女性が、やれば最初から成果を出せる仕事はなかなか見つかりません。
    このことの凄まじさを、体感的にはっきりと理解できている人は、現役のチャットモデルでもそれほど多くはいないと思います。

    今となってはそのすごさに打ち震えています(笑)

    副業がアツい、となってからだいぶたちましたが、その多くが売り上げが立つまでに時間がかかるものが多いイメージです。

    もちろん、ノンアダルトのチャットもそうではあるのでしょうが、ハードルが段違いなように思えます。

    改めてこの環境に感謝し、精進しようと思いました。

最近のコメント

ページ上部へ戻る ID:2810