徹底したこだわりを持つこと

こんにちは。

 

予告通り、こちらの記事を限定記事に切り替えました。

ブレイクする人、しない人

メルマガ読者の限定記事です。

「無料で一般公開するには問題がありすぎる」という反応がすごすぎたので、限定公開にしました。

本当は在籍者限定でもいいくらいですが、とりあえずしばらくはメルマガの限定にします。

 

それから、メルマガの登録希望は今はアナログでメールで受け付けています。

しかし、空メールを送ってくる人が多いので、そういう人は無視しています。

せっかくなら、なぜ読みたいのかを聞きたいですよね(笑)

僕はライブチャットに対してどんな考えを持っているのかを聞くのが好きなんです。

 

タイトルは、こだわりです。

主に話したかったことは、掃除についてです。

これは気づかない人は永遠に気づかないまま生きていきます。

 

掃除はこだわればどこまでもきれいになります。

・・・と、そういうことを言いたいのではなくて、掃除なら掃除について一定以上のこだわりを持って欲しいということです。

こだわりをもつからこそ見えるものがあります。

 

誰のために掃除をするのかといえば、他人のためではなく、まずは自分のためなんです。

汚れた部屋にいて我慢できるということは、それだけ自分を見下しているということにもなります。

そういう環境に甘んじていても平気だということなので。

 

同じ掃除をやらせても、こだわりがある人とそうじゃない人では、その結果に歴然の差が出ます。

こだわりがある人は、なぜそこまでするのかについて全部理由が言えます。

 

これはどんなことにも言えるんですよ。

ツメが甘いことによって失敗する人は本当に多いです。

僕も未だにそういうところはあるので、いつも気にはするようにしています。

 

 

 

チャットでも仕事でも、全部同じです。

そこまでやるかというレベルで仕込んでくる人もいます(^^)

僕はチャットモデルは自分のブログを書いた方がいいとずっと言っています。

しかし、これを受けて漫然とブログを書いていても何にもならないんですよ。

 

何のためにブログを書くのかを理解した上で、どこまでそれにこだわれるか。

まさに「そこまでやるか?」というレベルで仕込む人だけが生き残ります。

どんなブログにしたいか、どんな人に来てほしいか、どんな風に読ませたいか、何を感じ取ってもらいたいか。

こういうものは、全部こだわりから繋がっていくものです。

 

チャットのプロフィールでも同じですね。

「誰もプロフィールをちゃんと読んでくれない」

と嘆きたくなる気持ちはよく分かるんですが、その前に徹底的にこだわり抜いて書いてきたかを問い直す必要もあると思うんですよね。

実際にこだわり抜いて書いても、読んでくれない人は読んでくれません。

でも自分でこだわり抜いたという実感があれば、読んでくれない人が出てきても納得できます。

 

今やっているチャットのスタイル、チャットのプロフィール、ブログをやっている人はブログ、メールの書き方からログインメールにいたるまで、こだわれるところは徹底的にこだわってみるのがいいと思います。

チャットの部屋もそうですね。

 

最近は本当に面白いですよ。

ピュアリンクでは、チャットルームの出来合の設備では満足しない人が多くなり、それぞれ自分の部屋を作り込むのに余念がありません(笑)

これくらいの方がいいんです。

在宅で頑張っている女性も同じようなことをよく取り組んでいます。

 

最近では、どうにかして自宅に作った小部屋スペースを、専用チャットルームに改造して、自分がいかに快適に効率よくチャットに取り組めるからを工夫する人まで出てきました。

すごすぎます。

僕はそうした方がいいとはひと言も言っていません。

 

全部、こだわりのなせる業です。

人が感動する理由は、そこに細部の作り込みが見えるからです。

細部の作り込みに作り手のこだわりが透けて見え、その労力に敬意を感じるようになります。

 

がむしゃらに頑張ったということよりも、どこまで考え抜いてこだわりを持って取り組んでいたかにかかっているんですよね。

それを見せればいいだけだと思いますよ。

ということで、まずは、自分のチャット部屋の掃除にこだわりを持ってください。

 

転職・キャリア
大人の生活ブログ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (4)
    • あいこ
    • 2017年 1月 09日

    ねずみーランドを見て人々が感動するのは、そこに細部までの作り込みを見るからですよね。

    • あいこ
    • 2017年 1月 09日

    自分のことを、まず自分が一番に考えてこだわってあげないといけませんよね。

    経験からわかりつつある気がします。
    まだ、大きな変化はないけど。
    苦手な掃除をしました。
    やめたいのに食べたいお菓子をやめました。
    (たまに食べる笑)

    たった一人の私にふさわしい環境を自分で作りたいです。
    が、なかなかうまくいかないです。

    だけどそれは、私のせいでも他人のせいでもありません。
    今は、下手によそをみないように注意しています。
    私が、潰れてしまうからです。

    何に?
    ……もう一人の私にです。
    私に対して悪意を向けてくる人、張り合う人、実はいません。いても大したことはないはずです。

    いつも、原因は私の中です。
    そういう、内面の心のあり方に、今はこだわっています。

    もう一人の私に潰されるとはどういうことか?
    勝手に、外部から情報を探してしまいます。
    周りが優れていて、私が劣っているという風に思える情報です。
    他の記事にも書きましたが、あるがままに見るということは本当に難しいことです。
    私と、他の人は関係ないはずなんです。
    ただ、同じ時代を生きているだけ。
    生きている人生は全く別物なんです。
    それを、私はまだ100%理解できていないようです。

    私にとって、このブログ、そしてKさんの存在はとてもありがたいです。どこのどんな方なのか会ったこともありませんが、言葉を通して私と関わってくれています。(私が来てるだけですが笑)

    非公開記事になってしまいましたが、ブレイクする~の記事も、とてもありがたいものでした。
    一度辞退してしまいましたが、やはりいつか私の心の準備ができたら、メルマガの登録申請をもう一度させていただきたいです。

    • あいこ
    • 2017年 5月 16日

    こだわってます。
    今、まさにこだわっているところです。

    妥協はしません。
    後悔することがわかっているからです。
    いや、後悔というハッキリした感情で感じとれるなら、まだましです。

    一番怖いのは、そんなことすら気づかずに漫然と日々を流されながら生きて、気がつけば思いもしないようなところに流れ着いていることです。それも、不本意な場所へ。

    そういう経験はいくつかしたつもりなので、気をつけたいんですよね。
    理由づけか。それはまだ、100%できてないや。

    • あい
    • 2020年 5月 05日

    プロフィールの作り替えをしたのですが、そうしたところ逆に自分自身の綻びが見えました。

    コンセプトがあるようでいて、それはまだ実は借り物の言葉に過ぎずにいた、みたいな感じです。

    本心が全くない、というわけではないのですが、それを掘り下げられてこらずピュアリンクの理念とか、他の女性たちのプロフィール文に左右されていた部分がありました。

    ひとまず、昨晩思いきって作り替えたら、なんかとてもスッキリしたんです。プロフィール写真も変えて。
    それでインしたら、新規さんとおはなしできました。
    今朝も覗きさんがたくさんつき、めっせーじなどももらえました。

    しかし、午前の部を終えた辺りで

    「これでよかったんだろうか……」

    という気持ちの方が大きくなってきて、精神的に不安定になってきました。
    確かにそれは、私が望んでいた結果なのですが、でもプロフィールに私自身がついていっていないような感じです。

    名前負け、みたいな感じか?笑

    結局、そのあとさらに手を入れてみました。
    本音ベースとで書き直して…少ししっくりきました。

    それと同時に、結局、あれ何がしたかったんだっけ?笑
    となりました。(^_^;)ワラエネ

    やっぱり、一見地味に見える作業でも自分の中にあるものに向き合ってみてそれをうまくなくてもいいから、言葉に出していくことを繰り返すのが近道なんですよね。

    今思えば記録とっておけばよかったのですが、初めて自分が書いたプロフィールなんて全く覚えてなっしんぐ。笑

    プロフィール写真と一言メッセージはよく覚えてるんですけどねぇ。

    あ、そうそうプロフィール写真も、お客さんから反響が大きいものをおさえておくこと大事ですよね!

    まっこれを期にいろいろ気づくことができたのでよしとするか~

最近のコメント

ページ上部へ戻る ID:2401