タダで話したくないんですが

こんばんは。

Kです。

 

1月も半ばに差し掛かっています。

「タダで話したくないと思ってしまいます。」

と言われました。

先に断っておきますが、僕に対して言われたわけじゃありませんよ(笑)

 

最近、在籍者の一人から聞いた話です。

知り合いの男性とカフェで話すことになったそうなんですが、ずっとモヤモヤしていたらしいんです。

何にモヤモヤしていたのかというと、自分がタダで男性と会話をしていることにモヤモヤしているわけです(笑)

これはライブチャットあるあるなのかもしれません。

その人と話している時間を、そっくりチャットしている時間に置き換えると、お金が入っていたことになるんですよね。

相手が誰なのかにもよるのだとは思います。

相手が男性じゃない場合も起きることがあるそうです(^^;)

 

どうですか?あなたは感じたことがあるでしょうか。

リアルで誰かと喋っているとき、タダで喋りたくないと思ってしまう感覚です。

これを少しでも感じられるようになったら、チャットに対してプロ意識が芽生えている証拠だと言えそうです。

 

考えてれば当然のことではあるんですよね。

普段その仕事をしていてお金をもらっているんです。

何かモノを作っている仕事をしていたとして、友達から同じことを相談されたら、タダでやるかどうかです。

サービスでタダでやってしまう人もいると思います。

僕もそういう時代がありました。

 

でもそういうときは、その仕事にまだ本気じゃなかったりするんです。

同じ仕事をしていて、ある人に対してはお金を請求しているんです。

ほぼ同じことをしているのだから、あなたもお金を払ってよと感じてしまうのはむしろ当然と言えます。

 

これはチャットの中でも同じことが言えます。

ほとんど無料と言っていいメールのやりとりに時間を取られることもありますよね。

そんなことをしている暇があったらチャットをしたいと思える人がいますが、それは正しい感覚です。

メールのやりとりは、できるのならした方がいいです。

それは間違いありません。

メールのやりとりを続けていた結果、チャットにやってきてくれたというケースが少なからずありますからね。

 

でも重要度で言えば、チャットに出る方が大事です。

チャットに出てチャットに来てくれる人の相手をする方が優先度は高いはずなんです。

「友達でもタダでダラダラ喋る時間がもったいないなと思うときがあります」

と言われたときはちょっと驚きましたが、そういうものなんでしょうね。

 

転職・キャリア
大人の生活ブログ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (2)
    • あい
    • 2022年 1月 15日

    この感覚、わかりすぎぃ!!www

    昔の知り合いの男性で、その方と恋愛関係になることはありえない間柄だったんですけど。

    私をカウンセラーか何かと思っているのか、「少しだけ電話していい?」と数時間奪っていく人がいました。
    お世話になったこともあり、ご本人も心を病んでいた方でもあるので、むげにしようとは思いませんでした。

    私が副業でこの仕事(職種は教えてないけど)をしているのを知っていて、
    「お金払ってでも〇〇さんと話したい人がいるのに、自分がただで話すのは申し訳ないきがするな~」と言われました。結局、その後も私の時間を奪うのをやめなかったのですが…。
    うん、でもしょうがないですよね。責める気にはなれない。

    ただ結果的に、私の方でももうお相手しきれないな…となってしまい、今はほとんどお話していません。
    その時に、確実にこの記事の感覚が明確にありました。

    他には女友達ですね。

    なんというか、相手の1時間を占有することの重さ、を、彼女の行動を通して逆に学びました。

    稼いでいないことが悪い、というわけではないんです。
    そんなの性格悪いですからね。
    ただ、「あなたにとっての1時間は、他人にとっては100万以上、いやプライスレスの価値を持ったものかもしれないよ。安易に奪っていいものではないよ」という気持ちになったんです。

    その子は、私が毎日ある時間にチャットに打ち込んでいることを知りつつも、その時間に電話で話したいという子でした。

    いつでも会える相手ではないので、彼女の為に時間をあけることもあったのですが、
    「この数時間があればな…」
    という気持ちになったことがありました。
    たぶんこの気持ちを、彼女に理解しろという方がムリな気がします。

    この考え方をプライベートでも徹底しすぎると人生の豊かさを失うとは思います。

    ただ、ちゃんとプロとしての意識をもっておきたいと思った次第です。

    • あきな
    • 2022年 1月 15日

    この感覚分かります。

    時間の価値が前より分かってきました。
    プライベートの時間の使い方とゆうか、自分にとって本当に必要で大切な人としかほぼやりとりしなくなってます。

    だからこそチャットにも集中できるんですよね。

最近のコメント

ページ上部へ戻る ID:3941